Recent Comments

    Archives

    Categories

    c 2012 一生笑って暮らしたい看護師と求人 - All rights reserved.

    ハンディキャップを軽減するための身体障害児福祉サービス


    身体障害児福祉施策の目的は、肢体不自由や視覚障害などの身体上の障害がある児童のハンディキャップをできる限り軽減して、適切な保護育成を図ることにあります。
    しかし身体の障害とひと口にいっても、その障害の種類や程度はさまざまです。
    そのうえ特に乳幼児期は、障害のあるなしにかかわらず発達的に未分化であるため、その診断や判定は必ずしも簡単ではありません。
    また障害の原因や発生時期によって、障害の態様や必要とされるサービスも違います。
    障害の程度を行政的に定めたものとして、身体障害者福祉法の身体障害者障害程度等級表があります。
    18歳未満の在宅の身体障害児の障害の種類については、全体の半数以上が肢体不自由児となっています。

    求人